ヨーグルトで作るガスパチョ 見た目も華やか!

   

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、うさみです。

 

ヨーグルトと言えば発酵食品の代表選手の一つです。

夏の疲れが出る9月に、ヨーグルトを使ってガスパチョを作るのはいかがでしょう?

 

 

 

ガスパチョとは

 

ガスパチョはスペイン料理とポルトガル料理の冷製スープであり、スペインのスープでは極めて有名なもののひとつである。暑さの厳しい地方や夏に特に好まれる。

ウィキペディアより引用

 

私がイメージするガスパチョはトマトの赤い色が印象的で、見た目の爽やかさが食欲を刺激するスープ。

 

ところが調べてみると、アホ・ブランコという白いガスパチョもあるそうです。アホって、ニンニクのことですね。

味はややクリーミーということです。

なんで白いガスパチョっていうんだろう?

 

ガスパチョ、という言葉の由来は、ラテン語でかけらを意味するカスパ、ヘブライ語でばらばらにちぎるという意味のガザスからきている、と言われているようです。

また、アラビア語ガスパチョとはびしょびしょに濡れたパンと言う意味があるそうです。

 

語源から見ると、ガスパチョには「赤」と言う意味がないようですね。アホ・ブランコを白いガスパチョと呼ぶのは、それだけガスパチョが親しまれているということなのかなあ。(あくまで私見です)

 

 

ヨーグルトのガスパチョ 作り方

 

スポンサーリンク

 

では、ガスパチョの作り方。

 

材料

トマト缶 1つ

ヨーグルト 20cc

にんにく(すりおろしたもの) 少し

オリーブオイル 大さじ2

塩コショウ

 

材料全てをフードプレッサーにかけます。(私の場合はバーミックスを使います)

器に入れ、冷蔵庫で冷やします。

完成‼

 

きゅうりの薄切りやパプリカのみじん切りなどを飾り付けるのも綺麗ですよ。

 

簡単ですよね。

火を使わないから、夏にもいいですね!

 

ヨーグルトのガスパチョの効能は?

 

ヨーグルトの効果は皆さんもご存知の通り。

食べ続けることによって腸内の善玉菌を活性化させることができます。

 

腸内環境が良くなれば便秘が改善したり、消化吸収がよくなります。

このほか、過剰なアレルギー反応を抑制、血圧やコレステロール値の上昇の抑制、感染症予防、疲労回復効果などが期待できますよ。

 

さてトマトはどうでしょう?

トマトに含まれるリコピンは美容と健康に効果的、と聞いたことありますよね?

それは、リコピンには強力な抗酸化作用があるからです。

しわやシミの予防などのアンチエイジング効果や、コレステロール値の改善、疲労回復効果も期待できます。

 

 

両方に挙がっているのは疲労回復・コレステロール値の改善です。

わお、私にピッタリ!

実はコレステロールの数字が少し悪いんです。

お味噌汁を作るのが億劫な時にヨーグルトを使ってガスパチョを作るのはいい息抜きになるし、自分の体にも良いなんて、素晴らしい!

 

子供たちも好きな味ですよ。

来年の夏もたくさん食卓に上がるのは間違いないですね。

人気ブログランキング
スポンサーリンク


 - 乳製品, 未分類