【ぬか漬け】初めてのぬか漬けに挑戦 ぬか床のこと、容器のこと

      2017/08/04

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、うさみです。

 

ぬか漬けを始めました

 

発酵食品の代表格、ぬか漬け

昔から食べられてきた食品ですから、日本人のお腹にピッタリのはず。

自宅で作れば中身を選ぶこともできて安心。

よいことばかりですよね。

 

でも、自分に管理できるのか不安で避けていました。途中で飽きてしまうんじゃないか、とか。

 

 

でもまあ、とりあえず一度やってみようと思います。

考えていても何も進まないですからね!

自分には無理と思ったら一度退散して、またいつかチャレンジしてもいいですよね。

私が好きでやっていることなんだから、何度でもトライすればいいんです!

 

そんなわけで、超・初心者のぬか漬け挑戦記、始めます!

 

ぬか床 初心者におススメなのは

 

スポンサーリンク

 

私が買ったのはこれです。

発酵させてあるので、ぬか床を仕込む必要はありません。

 

もちろん最初からすべて自分で仕込むのもとても良いと思います!

でも初心者ですし、最初でつまづきたくなくて。

初めからおいしいぬか漬けを食べられたほうが、楽しいですよね。

何事も成功体験が大切ですよねっ

 

 

さてさて、ご紹介しますね。これです。

 

おばあちゃんの味 熟成ぬか床 天然 乳酸発酵させています≪無添加≫

 

 

 

 

このぬか床は、実際に野菜を漬けて熟成発酵させております。捨て漬け不要の安全な乳酸発酵のぬか床です。原材料は全て国産です

 

ぬか漬けを始めたいと思って以来、スーパーやデパートでぬか床をチェックしてましたが、すご~く興味のあったぬか床は人気があるらしく、次回の入荷は8月!それも5月の時点でです。

…完全に出遅れた。

 

当初は、どうせ初心者だし、8月に始めればいいやとあきらめていました。

 

でも、夏が近づいてきておいしそうなキュウリやナスが安くお店並び始めたのを見たら!

やっぱりぬか漬けやりたくなりますよね⁉

 

というわけで、ふと目に入ったぬか床を購入してしまいました~

 

適当に買ったわけじゃないですよ?

国産、無添加。納得のぬか床です。

 

 

1キロ499円。足しぬかは399円で売っていました。

普段買い物をするエリアで買いましたから、今後も安心です。

 

 

ぬか床の容器はこれです

 

無印良品

液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器

深型・大(幅19×奥行23.5×高さ7.5㎝)

1900円

 

ホーロー容器とプラスチック容器のどちらにするか、とっても悩みました。

 

はじめは、軽くて扱いやすい上に安いので、初心者の私にはプラスチックがいいかなと思っていました。

すぐにやめてしまうかもしれないし、プラスチックに比べ高くて重たいホーロー容器を持て余すかもしれないと心配だったからです。

 

でも、無印のホーローのサイズを見ていたら、野菜室の引き出しの高さにピッタリなことが分かったのです。

ぬか床の置き場所がきちんと固定されたほうがいいなあと思っていたので、これが決め手になりました。

 

想像通り、引き出しにピタリと収まり、なかなか良い感じです。

 

 

無印のサイトで口コミを読んでいて気になったことが一つありました。

 

密閉といっているのに、時間がたつと蓋が浮いてくる。

 

というコメントです。

 

浮いちゃったら意味がない…

実際に店舗で確認したところ、おそらく蓋のしめ方に問題があったんじゃないかなあと思いました。

※ただし、あくまで私の主観です。

 

バルブを開けて、蓋をしめて、空気を抜いてからバルブを閉める。

この手順をふめば、今のところ蓋が浮き上がることはないです。とてもシンプルな作りで使いやすいと思います。

 

 

さあ、準備は整いました。

いよいよぬか漬け生活を始めますよ!

人気ブログランキング
スポンサーリンク


 - ぬか漬け