ジンジャーシロップの楽しみ方 しょうがの効果的な食べ方は?

   

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、うさみです。

先日、ジンジャーエールを飲みたくて作ったジンジャーシロップ

 

これを使って、豚肉のソテーを作りました。

しょうが焼きかな?

 

材料

 

2人分です。

 

豚肉 300g

ジンジャーシロップ 大さじ2

しょうゆ 大さじ2

酒 大さじ3

 

玉ねぎを一緒に炒めてもいいし、キャベツの千切りを添えるのもいいですね!

 

作り方

 

スポンサーリンク

 

そんな大げさなことは何もございません。

 

豚肉の筋切りをする。

フライパンに油をあたためる。

豚肉に火を通したらジンジャーシロップ、しょうゆ、お酒を入れる。

調味料とお肉が絡まったら完成です!

 

調味料の分量も、だいたいで大丈夫。

簡単に味が決まるのはジンジャーシロップのおかげ。いい仕事をしてくれますよ〜。

 

ジンジャーシロップの七変化

 

ジンジャーシロップを飲み物に使う場合は4倍から5倍くらいに割るといいです。その時のシロップの味やお好みで変えてみてください。

 

生姜湯→ジンジャーシロップをお湯で割る。

 

ジンジャーエール→シロップを炭酸水で割ります。市販のものが物足りなくなるほどおいしいです。

 

アイスジンジャーティー→アイスティーで割ります。安定のおいしさ。

 

しょうが焼き→本日ご紹介済み。ジンジャーシロップを作ったら一度は食べたいおいしさです。

 

ヨーグルトにのせる→甘みもあるのでよく合います。

 

ホットジンジャーティー→定番です。体を温めるという目的で飲むなら、すりおろした生姜をそのまま使うより、加熱してあるものの方が効果が高いです!

 

生姜に含まれるジンゲロールは、加熱したり粉末にするとショウガオールに変化します。

 

ジンゲロールは最初に感じるピリッとした辛さ。

ショウガオールは口に残り、後からじわじわくる辛さ。

永谷園のHP「永谷園生姜部」より引用

 

生姜の辛さは複雑なんですね。

 

どちらも体を温める働きがありますが、その働き方が違うんです。

ジンゲロールは、体の深部の熱を手足の先まで運ぶ働きがあります。このため体が温かくなりますが、熱を作り出しているわけではありません。その上、発汗作用があるので結果として体が冷えてしまいます。

 

ショウガオールは体の深部で熱を作り出しますし、発汗作用はありません。そのため、体を内部から温めてくれるんです。

つまり生姜は温めた方が効果が高いんです‼︎料理や用途に応じて、使い分けるといいですね。

 

ホットジンジャーカルピス→これ、美味しいです。

 

シャンディガフ→ジンジャーシロップをビールでわったもの。さっぱりとした風味が美味しいです!夏の定番。口当たりがよいので飲み過ぎには注意が必要です。

 

レッドアイ→トマトジュースとビールのカクテル。あ、関係ないや。

 

 

いかがでしたか?

簡単でおいしいジンジャーシロップ、一度試してみてくださいね。

 

 

人気ブログランキング
 

 

スポンサーリンク

 


 - しょうが