発酵バターも手作り ①

      2017/08/04

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、うさみです。

 

発酵バター、今ではスーパーにも普通に(お高い値段で)並んでいて、珍しいものではなくなりました。

お菓子やお料理にも使われて、ちょっとした特別感を感じるバターですね。

私の好きなこのお菓子は庶民的な価格ですが、発酵バター風味をアピールしていてなんだか高級感すら漂っています。

 

 

発酵バターと普通のバターの違い その魅力とは?

 

発酵バターと普通のバターは何が違うのでしょうか?

 

バターの歴史を簡単に確認

 

日本でのバターの歴史はヨーロッパに比べて浅く、4~6世紀ごろに中国からはいってきたと言われています。

普及したのはもっと遅く、13~14世紀ということです。

 

当初ヨーロッパでは技術が未発達だったために自然と発酵が進んでしまい、発酵バターが主流でした。

日本で普及するころには技術が発達したこともあり、非発酵バターが広がったということです。

 

ヨーロッパでは発酵バターは珍しいものではなく、普通のものなんですね。

 

発酵バターの魅力

 

何より香りがいいですよね!

バターの甘い風味だけでなく、ヨーグルトのような爽やかな酸味も感じます。

発酵バターは、原料である牛乳を乳酸菌発酵させたものなのでヨーグルトの酸味も感じるんですね。

 

 

 

 

発酵バターを手作りします

 

発酵バターをつくるには、発酵させなければなりません!

 

オーブンの発酵機能を使います

 

うちのオーブンには発酵モードがありました。

そんなことすっかり忘れて、ヨーグルトメーカーがあればヨーグルトも甘酒も作れるなあ、でも邪魔だなあなんて、あれこれ考えていたのはなんだったんでしょう?

→ただ、甘酒の発酵に必要な温度(50~60度)は設定できないようで残念。ヨーグルトメーカーが欲しくなってきた…

 

10年前に購入した普通のオーブンレンジについていましたから、発酵バターを手作りしてみたいと思われた方はお手持ちのオーブンを確認してみてくださいね!

 

材料はシンプル

 

用意するものは生クリームとヨーグルト。

 

スーパーで脂肪分の高い生クリームを購入。→400円以上しました。

生クリームも高い!普通に発酵バターを買ったほうが安い気もしますが、趣味ということでお許しくださいね。

 

ヨーグルトを大さじ1加えてよく混ぜます。雑菌の心配のない、開封したてのヨーグルトを使います。

大さじは熱湯消毒しておいてくださいね。

 

 

口をクリップなどでとめ、オーブンの発酵モードで40度6時間発酵させます。

6時間たったら冷蔵庫で3日間寝かせます。

 

続きは3日後、ご報告いたしますね!

 

 

スポンサーリンク

 


 - 乳製品