2017味噌作り 初めてでも大丈夫、意外に簡単でした

      2017/09/05

こんにちは、うさみです。

スポンサーリンク

 

味噌作りの準備 購入したもの

2017年にやりたいこと、味噌作り。手作り味噌セットはネットで注文しました。

味噌作りのことを調べているうちに見つけたマルカワ味噌さんのものです。

 

有機栽培玄米麹(中辛)出来高3キロ、2430円なり。

 

このセットは塩と麹が混ざった状態で届きます。

マルカワ味噌さんのホームページによると、麹はそのまま常温放置すると発酵熱で「ヤケ麹」と言って死んでしまうけど、塩と麹を混ぜて保存すれば品質を保って常温で保存できるそうです。

 

これなら安心して週末までおいておけるから注文しやすいですね。

 

漬物桶600円、消毒用のウイスキー1200円位?が今回新たに購入したものです。この漬物桶が見つからなくて...それが一番苦労したことかもしれません。

 

 

味噌作り 一日目

2月4日土曜の16時、いよいよ大豆を水につけます。

割れたものや傷んだものを取り除き、水を入れたら泡立ちました!

豆は見た目以上に汚れているそうです。

水を3~5回変えながらきれいに洗って、うちで一番大きなお鍋に入れます。

うちで一番大きなお鍋は圧力鍋。 翌日はこれを使って大豆を煮る予定。

 

大豆の重さの3倍のお水に漬けこんで、大豆に水を吸わせます。

たっぷり水を入れたつもりでしたが、寝る前に見たら想像以上に減っていたので水を足し、18時間このままにします。

大豆を半分に割ってみて、芯が見えたら給水不足だそうです。

味噌作り 二日目 ①大豆をつぶす

スポンサーリンク

大豆をお水につけてから18時間が経ちました。

ふっくら~。

量が多かったので、2回に分けて煮ます。

沸騰したらびっくりするくらいあくが出たので取り除く。

 

いよいよ大豆を煮ます!

ティファールの圧力鍋で高圧4分、火にかけました。やや短かったかもしれません。

 

煮汁を捨ててから煮あがった大豆をお鍋に戻し、バーミックスでつぶします。

ビニール袋に入れて瓶でたたく方法や、ビニール袋に入れて靴下を履いた足で踏む方法もよく用いられるようです。

厚手のビニール袋が手に入らなかったことと、こういう時のためにあるんじゃない?ということで今回はバーミックスを使用ました。

 

いよいよ塩切り麹、投入!

塩と麹を混ぜる工程は、すでに混ぜたものをマルカワ味噌さんから購入済。ちょっと楽しちゃった。

つぶした煮豆と塩切り麹を混ぜ合わせます。

パサついていたら煮汁を足すといいらしいんですが、カビが怖くて足さなかったことを今更ながら後悔しています。

味噌作り 二日目 ②詰める

 

 

お味噌のお団子を作り、空気を抜くように桶に詰めていきます。 ハンバーグを作っているみたい。

空気を抜くようにきっちり詰めるのが大事らしいので、そこは丁寧に。 ウイスキーで消毒。

ラップで蓋。


塩1キロの重し。


虫が入らないようにビニール袋で包んでひもで縛る。



10か月寝かせますよ~ZZZ

おいしくなーれ!


今回の味噌作りで思ったこと

意外に簡単。

しかも楽しい!

 

だけどこの倍量作ろうと思ったら大変!

冬の早い時期と、ひと月後とかの2回ならできるかなあ?

 

今年は初めてなので一回だけにします。でも次の冬に仕上がったお味噌を食べたとき、このお味噌をもっと食べたーいと思ったら仕込みを増やすかもしれません。

 

マルカワ味噌さんにはいろんな種類の手作り味噌セットがあるし、違うタイプのお味噌を仕込むというのもアリですね!
うん、それがいいかも!

 

 

人気ブログランキング
 

スポンサーリンク

 - 手作り味噌